tab

Inspire All! POTENTIAL UNITED

  1. home
  2. blog
  3. 個人としてサポーター企業として「JAWS DAYS 2016」に参加してきました。

個人としてサポーター企業として「JAWS DAYS 2016」に参加してきました。

伊藤 博美伊藤 博美

2016/03/22

個人としてサポーター企業として「JAWS DAYS 2016」に参加してきました。

昨年の「JAWS DAYS 2015」は個人ではコミュニティにフルコミットということで、2014年10月にJAWS UG関西女子会立ち上げ早々、「JAWS DAYS 2015」運営コアメンバーとして参加していました。

今年は、「JAWS DAYS 2016」運営コアメンバーだけでなく、日本のコミュニティマーケティングのお手本となるAWS、サービスの進化をし続けるAWSということもあって会社として(サポーター企業)参加しました。
そもそも「JAWS UG」とは、JAPAN のAWS ユーザーグループの略で、本国アメリカはもちろん、アジア、ヨーロッパと世界各地にコミュニティグループが存在します。中でも日本のAWSのユーザグループは、同業系のIT業界に高い注目を集める大型ユーザグループです。

さらに、「JAWS DAYS」とは?

http://jawsdays2016.jaws-ug.jp/about

です。記載の通り、今年のテーマは「Move Up the Next Cloud」。クラウドやサーバレス・アーキテクチャやモバイル・IoTといった当たり前の世の中になったその次の世界は?コミュニティとして先を走り続けるJAWS UGのその先は?など大企業顔負けの大きなイベントを1年に1度、ユーザがユーザのためのユーザによるビッグカンファレンスを3/12(土)に開催され、参加してきました。
25730359395_d6618a5014_z-620x410

運営準備

運営準備は、開催日より約半年前から行います。
今年は、運営実行委員長として東北の赤塚さんが総勢スタッフ50名くらいを動かしみんなそれぞれ参加したい人がコミットし、やりたい持ち回りにつき、当日を迎えます。
トラック(各7)を登壇者管理する人、サイト更新や広報を担当する人などなどすべて自分たちの手で行います。BacklogとGithubとSlackを駆使して全国のスタッフが一丸となって準備をすすめます。
私は、TシャツデザインからTシャツ発注までの担当、サポーター企業用のスタンドバナー作成担当、AWS麻雀&ドンジャラコンテンツ運営担当、前日からバスツアーを開始あするのでその添乗員、あと金庫番(これはイベントに限らず金庫番やってます)を行い、登壇としては出張トラックで関西女子会として50分間の登壇とサポーター企業としてランチセッション10分間の登壇を行うため準備を進めてきました。

Tシャツは廣方くんにお願いし、見事完成! 25634867781_6e1911dff4_z-620x410

スタンドバナーは長薗くんにお願いし、見事完成!
25103270553_a2a8d0db87_z-620x410

25731291465_94283d565b_z-620x410

2人とも慣れない&超多忙の中、協力してもらって本当に感謝です。

当日

Road Tripと題して、行きは無料バスを運行させ、大阪・名古屋参加メンバーがバスでいく企画があります。長旅のあとは毎年恒例大江戸温泉で疲れをいやし、会場に向かうという過酷ではありますがみんなとの距離が縮まり、士気が高まる素敵なバスツアーです。
今年はバスが古くて一睡もできず、最悪なコンディションで迎えましたが・・・

到着早々、AWS麻雀&ドンジャラ運営に徹します。
AWS麻雀&ドンジャラとは、絵柄はすべてAWSのサービスアイコン。すべては使えないのでこれを運営側で選定し、牌を作ります。
ルールは麻雀やドンジャラにのっとりますが、そこにCDPのエッセンスを加えるという大変アーキテクトの勉強になるゲームになってます。
お祭りということもあって、一部コスプレするというノリがこの界隈には存在します。
私は今年はやめようかな・・・と思いましたが、やっちゃいましたね。
麻雀=中華ということでキングダムのキョウカイさん。
AWS麻雀&ドンジャラは大盛況!おかげさまで65名の参加となりました。
25703890646_4b6a1d5b2b_z-620x410

25609529662_0bd8086d4a_z-620x410

12:30になり、サポーター企業のランチセッション。
会社として会社の紹介をするのは初めてです。緊張はしませんでしたが、いつも以上に責任感を感じて・・・思ってた以上によかったんじゃないかなと思います。
イベントの参加者1100名がランチ時間に各トラックブースに座れる人数は50名ほど。そこで10分間B2Bマーケティングと会社について話をしました。
インフラ業界でマーケターや同業に合うことは今までなかったのですが、今年は違いましたね。ようやくクラウド事情をマーケターが知らないといけないと気付いたのでしょうか。そこそこ居て安心しましたし、してやったり感もありました。だって珍しいですもん。
スライドはこちら↓
http://www.slideshare.net/P-UNITED/jaws-days2016-160312

25103846173_0a43ef8567_z-620x465

持って行ったパンフレットは全部なくなりました!
25430372200_48cb0586b2_z-620x410

16:00。いよいよ50分登壇。
2人で話すとはいえ、長いよな・・・50分。
関西女子会では全国の女子をまきこみたくて大きなプロジェクトを掲げました。
オープンデータとAWSをつかってなにかアプリを作ったらおもしろいだろうなと・・・その発表をしてきました。
スライドはこちら↓

女子の集まりはイマイチでしたが、人数じゃない!中身だなと・・・セッションが終わり、2人の女性が私にかけよってきました。
「○○の女子向けユーザグループを立ち上げるのですが、運営方法やアドバイスをしてください」
マジですか?そんなそんな恐れ多い・・・自分の経験や普段どうやって勉強会を開催しているなどお伝えしたら、とても感動されたことが非常に印象に残っています。

そんなこんなで運営していると見たいセッションがぜんぜん見れなくて、ものすごく後悔するのですが、それでも参加者より運営している方が学びや行動に責任感が持てるので非常に糧になることは間違いないようです。
25430763420_567779d90c_z-620x465

お祭りも終盤。恒例のLT大会。
今年は非常にレベルが高く、どのスピーチもものすごく盛り上がってました。
5分間で十分に思いを込めるって本当に難しいのです。ぜひ会社で定期的にやってほしいものです。

25431273250_770e752383_z-620x465
25431357480_be219d7253_z-620x465

翌日

大成功で幕を閉じた翌日は、全国支部のコアメンバー(代表)が集まって、総会を行います。
大型のコミュニティを運営するには、営利目的で行う人や勝手にグループを立ち上げてビジネスに役立てる人が出てくるなどなど・・・レギュレーション作りや地方支部の問題などさまざまな議題をみんなで話し合いました。
そこで感じるのは東京との溝・・・今年は大波乱な予感はしますが、私は私らしくコミュニティにフルコミットして、自分のためはもちろん会社として一つの武器となる社員としてがんばっていこうかと思います。

下記スライドは前代表のキーノート。非常にわかりやすい・・・・


Facebookで最新記事をお知らせ!
マーケティング・クリエイティブ・テクノロジーの最新情報をどんどん発信しています!